臨死体験の芸能人/有名人16人の実話体験談・エピソード(その2)

オカルトとか不思議な話。WONDIA『ワンディァ』さんの記事より、・16人の内

3、加藤 茶さん

加藤 茶さんは、ザ・ドリフターズのメンバーで、長年日本のお笑いシーンをけん引してきた人物です。68歳で23歳の女性と再婚し、当時は夫婦(主にお嫁さん)でパッシングされましたが、

現在は仲睦ましく生活されていて、好感度が爆上がりしています。

加藤 茶さんは2015年に「ダウンタウンDX」に出演した際、201年は入退院を繰り返し、

臨死体験をしたことを告白しました。

三途の川の向こう岸に、いかりや長介さんが見えて、慌てて引返してきたそうです。

又2020年に「サワコの朝」に出演した時は大動脈瘤で集中治療室に入って居た時に、

遠くから「おーい、おーい」と呼ぶいかりや長介さんの声が聞こえて来たと話して居ました。

加藤 茶さんの臨死体験には、何時もいかりや長介さんが出てくるのですね。

それだけ加藤 茶さんにとって、いかりや長介さんの存在が大きいという事でしょう。

私・ (加藤 茶さんがお若いお嫁さんを貰われた時は吃驚しました、

どうせ長続きしないとか、お金目当てだとか、お嫁さんが叩かれていたのを覚えています。

でも他の人と違って、加藤さんを今も大切にして居られる奥様には頭が下がります、

仲本 工事さんに比べてお幸せな加藤 茶さん、何時までも長生きをして下さい。)・

4、ビートたけしさん

ビート武さんは「ツービート」でデビューし、漫才ブームをけん引し、

その後もたくさんのバラエティー番組に出演し、「たけし軍団」を結成して、

日本のお笑いシーンのトップを走って来た人物です。

映画監督としても高い評価を得ていて、「HANA-BI」では、

ベネチア国際映画賞金獅子賞を受賞しています。

ビートたけしさんは1994年にバイクで大事故を起こし、生死の境をさまよっていますが、

その時に臨死体験をして居ます。

この時の事故で、ビートたけしさんは右側頭部頭蓋骨陥没骨折、脳挫傷、右頬骨複雑骨折の

大けがを負い、手術をすることになりました。

ビートたけしさんはこの時の手術の時に、臨死体験をしたと、

「ビートたけしのTVタックル」で話しています。

” 麻酔を打って手術する時に夢だか何だか知らないけど、上から自分が倒れているのを

客観的に見たような気がする。

死に直面したことで、体外離脱のような臨死体験をしたようです。

さらに、生死の境をさまよっていた時には、

「平成教育委員会」で共演した逸見政孝さんが夢に出て来て、

「まだ死んじゃいけないって逸見さんが言いに来てくれたんじゃないか」

と振り返っていました。

・私 (ビートたけしさんがバイク事故で大怪我をされた時は、日本中がビックリ!、

もう駄目だとみんなが考えて居ましたが、医学の力は凄いと思います。

逸見政孝さんは弟さんを早く失い、

「私は死ぬわけにいかない」と言われて居ました。

無念の死。ビートたけしさんを守りに来られたのでしょうか?)・

月8品の上質な「おさかな料理」の定期便

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です