臨死体験の芸能人/有名人16人の実話体験談・エピソード(その5)

オカルトとか不思議な話。windea『ワンディァ』さんの記事より

16人の内千原ジュニアさんと矢代英輝さんお二人の臨死体験

体験談・エピソード【9】千原ジュニアさん

千原ジュニアさんは、2001年にバイク事故を起こして前頭骨骨折、下顎骨骨折。上顎骨骨折・

眼窩底骨骨折・眼窩内壁骨折などの大怪我を負い、意識不明の重体になりました。

この時に、臨死体験をして三途の川やお花畑を視たそうです。

” ジュニアは「俺も見た事あるんですよ。三途の川的な、お花畑。事故の時」

と切り出しました。

日本人の臨死体験は三途の川とお花畑はセットのようなものかもしれません。

私) 千原ジュニアさん、凄い大怪我だったのですね。助かって良かった!。

此の方は色々と素晴らしい才能の持ち主で、絵の上手さ・俳句の才能。

お花畑で、先輩の芸人リントン調査団に呼ばれ、「絶対に行ったらいかん」と戻って来たそうです。

沢山の才能を発揮して、優れた人になる方だと思います。

体験談・エピソード【10】矢代英輝さん

矢代英輝さんは、日本とアメリカニューヨーク州の弁護士資格を持つ国際弁護士で、

八代国際法律事務所の代表でもあります。「ひるおび!」の総合司会・コメンテーターとしても

活躍しています。

八代さんは2021年に読売テレビの「そこまで言って委員会NP」に出演した際に、

臨死体験をしたことがあると話して居ました。

心臓カテーテル手術をした時に、枕元に遭った心電図がピーっと言う音と共に一直線になり、

数分間心臓が停止したことがあるそうです。

心電図が一直線の時に、八代さんは視界が一気に暗くなり、

体外離脱をして、手術室の隅から自分の身体を眺めて居ました。

そして三途の川とお花畑が見えたそうです。

” お花畑についても 「お花畑の向こうに川があって、その向こうで人が受付をしていて

道案内をしていた。実は二度目の体験で、戻らなきゃって思った」と具体的に説明した。

三途の川と、お花畑のところに 受付&道案内 があった、と言うのは面白いですね。

私) 矢代英輝さんが言われている言葉を記事でよく見て居りますが、

間違った事には毅然とした態度で臨まれる素晴らしい方だと思って居ます。

八代さんが視られた三途の川。

今の時代、奪衣婆では無くて、あの世案内の受付に変わったのかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です