【臨死体験】立花隆さんの言葉。C

脳の動きから死の直前に幸福感を感じる。

文春オンライン(追悼)立花武さんインタビュー(抜粋)

臨死体験と言うのは、事故や病で死に瀕した人が、意識を取り戻した後に語る不思議な視覚体験です。

体験者の多くは、自分の体から心が抜け出して天井付近から自分の体や、

周囲にいる人達を見下ろしたりします。体外離脱と呼ばれる現象です。

そしてそのまま心はトンネルを抜けて、まばゆい光に包まれた世界に移動して、

美しい花畑で家族や友人に出会ったり、超越的な存在(神)に出会ったりする。

この現象をオカルトではなく、科学的に証明できるのか、

番組では今アメリカでもっとも注目を集める臨死体験者で、

脳神経外科医のエベン・アレグザンダー氏や、

僅か生後1カ月で臨死体験をしたと言う4歳の、男の子の証言を紹介しました。

1991年に私がNHKと作った「臨死体験」を見た人やその後に書いた、

「臨死体験」(文芸春秋・後に文集文庫)を読んだ人なら、

改めて説明するまでもない内容です。

しかし、今回の番組は、前回以上に、臨死体験が起こる仕組みの解明に、鋭く迫りました。

それが可能になったのは23年前よりもはるかに進歩した脳科学のお陰です。

臨死体験は死後の体験では無く、死に瀕した脳の動きによるものではないか?

と考えた私は、ミシガン大学のモンゴル人学者ボルジガン博士を訪ねました。

彼女は、マウスの脳に電極を埋め込み、薬物注射によって

心停止を起こした後の脳波を詳しく調べました。

すると、心停止後数十秒にわたって微細な脳波が続くのを確認しました。

これ迄心停止すると数秒で脳への血流が止まり、それとともに脳波も止まると考えられていましたが、

それは単に測定の感度が低すぎたからだったのです。

心臓が止まったあとも数十秒、脳が実は活動を続けると、

臨死体験は「死ぬ前の脳の活動による体験」と考えられると、ボルジガン博士はいっていました。

今回の番組では示して居ませんが、博士は脳波だけでなく、心停止後の脳内神経伝達物の、

詳細な変化も調べており、それによって暖かい光に包まれるような幸福感も、

説明できるとしていました。

あごが落ちるほど旨いキムチ【おつけもの慶】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です