死に面した人が視る現象

最近知った言葉に 【お迎え現象】 と言うのが有るそうですが、

死ぬ時に見るお迎えに来た人の姿。

何人もの方が亡くなった身内がお迎えに来たと言われるとか、

主治医の様に立派なお医者様や、患者さんを間近で看取られた看護師さんや、

介護関係に尽くす方達が体験される不思議が、

彼方此方で真実味を帯びて語られて居るのを耳にして来ました。

脳が視る幻覚とか、反論される方も有るようです。

私は、枕元に立って居た姿を見た時の杖を、

その時は死出の遠い旅立ちに持つ杖だと思いましたが、

ご来迎の仏様の写真を見て、

あの夜の不思議はお迎えだったのかと思うに至りました。

昔よく神社で遊んで居ました。

山に有る我が家の先祖は死ぬと神様で、

祖母の墓には 『○〇刀自の奥津城』 と記されています。

子供の頃、目には見えなくても、【神様】 の存在は信じて居たのですけれど、

【仏様】 を始め、地獄・極楽、三途の川とか、閻魔様・奪衣婆等、

幼い時から聞いた話。読んだ絵本は童話?。

子供心に架空の絵物語の様に思って居た所が有ります。

【お迎え現象】 真実が解明されたら~。

素晴らしい事かも、と思って居ます。

(※自由テキスト)塩分制限食のLPはこちらをご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です