本題から外れた話です

8月のお盆休みの頃から、体調が何だかおかしくなりました。

頭が痛くて歩くとフラフラします。

吐き気が強くて食べられず、

牛乳を飲んだらお腹を壊し、動く力が出ません。

若しかしたら熱中症?  何だか咽も痛いです。

そう言えば、同居の孫がコロナ陽性で自宅療養と聞きました。

4日程寝たきり、  歩く力が弱って、

歳だから、愈々老衰かも?、なんて考えたりしながら、

掛かり付けの大学病院に行きました。

主治医の先生が居られない日で、受付の方や看護婦さんに色々症状を聞かれ、

「脱水症状」?

「血圧を測って下さい」 と言われて、備え付けの測定器で計ったら、上が52.

「え。?」

普段高血圧で、降圧剤を飲んでいる私。  何かの間違い?

もう一度図り直したら、上が60台。

先生が出て来られて、又様子を聞かれます。

その時主人が、家にコロナの孫が居る事を伝え、

鼻で計ったら、陽性でした。

直ぐにベットに案内されて点滴をされ、緊急入院の用意が整ったから、

とベットごと救急病棟に入院。

一週間連続で、お食事が出来るようになるまで点滴は外れませんでした。

其の病棟は、お掃除やお布団取り換えの業者さんは立ち入り禁止で、

ビニールの割烹着みたいな防護服を着けた看護師さんが、

総ての面倒を引き受けてやられてい居られます。

普通、入院は10日待ちとか、

食べられる様になったら退院できますが、 体力が出ません。

食べたくない、動きたくない、ずっと寝て居たい。

初めてお爺さん、お婆さんの共同部屋で、引っ切り無しの咳や痰の音。

わからず屋のお爺さんが放つ我儘なだみ声に、食欲が落ちるばかり、

そんな毎日で救われたのは看護師さんの明るい声。

一人ずつに屈託なく話しかけて、孫の様。

明るさに救われて、すこしずつ食べなくてはと、好きなものから口に入れます。

でも、噛んだ物が中々呑み込めません。

水で流し込みますが、その水もゴクゴク飲めないので、少しずつ。

水分摂取が足りない、と言われて、飲んだ量を記入。

床ずれが無いかと身体を調べられ、 リハビリの先生の指示に従い、

何とか退院に漕ぎ付けましたが、やる気が出ません。

孫もお医者様から「コロナ後遺症」と言われて、未だに体調が悪い様です。

4日程前から、食事がすんなりと呑み込めるようになり、

水もゴクゴク飲めるようになりました。

もう大丈夫の様です。

今日パソコンに向かったら、

「え、?」新しいコメントが承認待ち、って何?

コメントモデレーション画面を開いて下さい、の所をクリックしたら、

英語が・・・・・全く判りません、

どうしたら良いのか?

御免なさい。

取り敢えず、ブログをお休みした経緯を書きました。

済みません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です