あの世を信じた文豪達

【あの世は】有った、文豪達は視た、震えた。

と言う本を三浦正雄氏 (埼玉学園助教授) ・ 谷原秀人氏 (科学ジャーナリスト)のお二人が出されています。

本書は日本の大作家や知識人など、歴史上に人物が遭遇した非常に不思議な体験談を紹介したものです。

私は未だ読んでおりませんが、この本の内容を紹介した文章が有ります、。

★遠藤周作氏と三浦朱門氏が震え上がった、  二人同時に幽霊に襲われる。

★佐藤愛子氏が51歳になって、突如心霊現象に見舞われる。さまざまな霊体験によって霊界に目覚める。

★芥川賞・直木賞の創設者、菊池寛氏が幽霊に襲われる。 評論の大御所、小林秀雄がそれを記録していた。

★宮沢賢治、山中で平安時代の僧侶に遭遇。 賢者は時空を超える。

★荒城の月の大詩人、土井晩翠と霊媒師、小林寿子之出逢い~、死んだ愛娘と息子に会えた。

★演劇の祖、小山内薫が襲われた。痩せた女幽霊の恐ろしさ。

半信半疑共思えるでしょうが、 文豪と言われる方達が、嘘を公表するとは思えません、

と、私は考えて居ります、

夏目漱石氏に小泉八雲氏、泉鏡花氏・芥川龍之介氏・森鴎外氏ほか何人もの作家の方が

怪談らしき本を出されています、 

作家とか芸能人の方は普通より怪奇に遭遇される事が多いのでしょうか。。

私ごときが声を張り上げて言っても誰も信用しない霊やあの世の話。

知名人・有名人の方が言われる事なら、少しは信じて頂けるかも知れません。

身に染みて、そう感じます。

農泊を簡単予約!STAY JAPAN ■□■────────────────────────■□■      民泊、農泊、貸別荘、古民家泊、寺泊、城泊         日本のユニークな宿を探すなら、STAY JAPAN      https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3YYQOO+D9HNXU+52GC+5YZ77 ■□■────────────────────────■□■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です