【お迎え現象】と【臨死体験】

【お迎え現象】 と同じような体験で、

死に面した人が

『あの世を視たり、行ったりする【臨死体験】』

と言う現象が有ります。

お迎え現象と言うのは、神様や仏様・既に亡くなった身内の方、

仲良しの友人・可愛がっていたペットなどが、死の直前にお迎えに来た。

と言う話を多くの蘇った方や、死に行く人が、

お医者様や介護の方、身内の方に話され、

それが古くから【お迎え現象】と言われているのですね。

【臨死体験】は、事故や病で死の淵に面している時、

寝ている自分の体から、もう一人の『自分』が抜け出し、

『三途の川』を渡ったり、『お花畑』を見る話。

暗いトンネルを通って明るい『光』を見たり、『過去』を見る人。

神様・仏様、亡くなった身内の方に「帰るように」と言われて戻って来た。と話されます。

【臨死体験】は『あの世』らしきものを・垣間見た・体験を、

周りに話されている方が多い事。

一般の頭では説明の付かないような多くの似た体験から、

人は『あの世』を信じ、神仏を敬い、

亡くなった方を供養して来たのだと、私は思って居たのですが、

科学的には、

【お迎え現象】も、【臨死体験】も、

死ぬ前の突発的な脳活動だった。とか、

衰弱した脳が見る幻覚とかで、

『あの世』は無い。

事が証明された。と言われています。

このような体験は、日本のみならず、海外でも多くの方が、

お話をされている様です。

【お迎え現象】も【臨死体験】も、

死に面した方が、伝えられた言葉。

体験して伝える間もなく、其の儘亡くなった方や、

言わないで亡くなった方を加えると、凄い数だと思います。

多くの方がお迎え現象を目の辺り体験して、

死に向かって安らかな気持ちになられたと。

臨床医や介護の方々が言われております。

【お迎え現象】と【臨死体験】。

両方とも (似て非なるもの) 。

共通しているのは、亡くなった親族等が現れる不思議。

結果的には、同じ事?、行く先は【あの世】なのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です