「臨死体験」立花隆さんの言葉・B

心停止後も脳は動き続ける

NHKスペシャル臨死体験・立花隆思索ドキュメント。

文春オンライン(追悼)立花隆さんインタビューより(抜粋)

「死ぬ時心はどうなるか」に就いて立花さんが語られたインタビューの言葉(週刊文春抜粋)②

感謝してくれた人達は、おそらく番組のエンディングで私が述べた

「死ぬのが怖くなくなった」と言うメッセージに共感したのだろう、と思って居ます。

死ぬのが怖くなくなった、と言っても、

「死後の世界は存在する。だから死は怖くない」と科学的な根拠もなく、

声高に断定する人も居ます、

最近日本で評判を集めている東大医学部付属病院救急部の矢作直樹氏の様な例です。

最近彼は週刊誌でTVの怪しげな番組に出まくって、霊の世界がどうしたこうしたと語りまくる

江原啓之なる現代の霊媒のごとき男と対談して、

「死後の世界は絶対にある」と意気投合して居ましたが、

これが現役の東大教授かと、口アングリでした。

ああいう非理性的な怪しげな世界にのめり込まないと「死ぬのがが怖くない」世界に

入れないのかと言うと、決してそうでは有りません。

ごく自然に当たり前の事を当たり前に、理性的に考えるだけで、死ぬのは怖くなくなる、

と言う事をあの番組で示せたと思って居ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です